1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は日経平均が18500円台まで売られ317.52円安と大幅続落となった。NYダウ安の先取りに行った感が強いが、フタをあけてみればダウは堅調な展開となっている。

12月も中盤に差しかかると、年内の収支調整と節税のための株売却が進む時期でもある。利益が出ていればシコリ玉の損切り、損失が出ていれば利が乗っている玉の整理売りに動く。

相場的にはいずれも需給関係をスッキリさせる投資行動である。年明け1月相場に向けての「最適化」の最中とも言え、12月の特殊要因による相場の振れと余裕をもって眺めたい。

今日の市場は、今月に入ってから日経平均で1500円下げた水準からの反発である。理由なき下げでここまできたわけで、理由なき反発で意地を見せて欲しい。
(1789)山加電業・・・・・なぜか年末年始に省エネ関連が物色されるイメ−ジが定着している。大型太陽光発電所建設を受注しており妙味大。
(6323)ロ−ツェ・・・・・800円前半の株価はいかにも値ごろ感十分。4桁で活躍の資格。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。