1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場はNYダウに先行して大きく下落し、再び世界株安の不安心理をかき立てるような引け味の悪さが目立った。

いつも足を引っぱられる上海総合指数が1.2%の下落に対し日経平均が3.84%の下落と悪材料の震源地よりも下げ幅が大きくなったことは目先の先行きを暗示するようだ。中国株がなんでもありの官製相場となっているが日本株は先物を中心に無法地帯と化している。

今回の一連の「チャイナショック」はそう簡単に収束しないと読んだ投資家が空売りを溜め込んでいる。日本株の空売り比率がなんと過去最高の41.0%となっている。約1週間のリバウンド過程を多くの投資家が押し目買いではなく空売りチャンスと捉えていたことになる。

今週末の相場は定石どおり2番底を確認しに行く厳しい展開となりそうだ。日経平均が先物を中心に売り方が勢いづいており直近の安値17700円台をあっさり突破するようなら、まだ1番底自体が入っていないことになり相場の急落に弾みがつきかねない。

今日の東京市場は上海もNYも関係なく、東京自体の需給関係がそうさせると解釈したほうが良い。ここは押し目買いを控え、嵐が去るのを待つ時だろう。

(1360)日経ベア2倍・・・・・便利な金融商品があるものだ。いずれに転んでも上下に大きく動きそうだ。
(1472)日経400ダブル・・・・ETFのベアが人気投資先として浮上する地合いだ。
(1802)大林組・・・・ゼネコン株はディフェンシブ銘柄として唯一拾えるセクタ−。1000円割れ狙い。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。