兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

今週の銘柄チェックリスト(7/25〜7/29)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今週、監視する主な銘柄は以下のとおり。今週も基本はデイトレ100、スイング0で行く。
週末NYが40ドル超の下げとなっている。週初はNY安の影響と円高を嫌気して始まるのではないか。今週の日本株は震災後の高値目処といえる10434円に再トライする週だ。これまでと異なる点は東京電力株がしっかりしてきていることだ。東京電力は乱高下を繰り返しながら水準を上方向に切り上げていくだろう。
物色先は主力株を中心に、先週同様総合商社株、復興関連株、電力株が人気化しそうだ。
【デイトレ】
(9501)東京電力・・・・・先週は600円回復をするなど活況となった。さらに売りが積みあがれば一段高。熱い相場になる。これ一本で十分だろう。買いでも売りでも10円抜きが平気でできる。
(6665)エルピ−ダ・・・・・利益は確実に確定すること。まったく順調な足取り。コメントを読む。
(6506)安川電機・・・・ファナックが最高値圏に。出遅れ感が鮮明となってきた。
(4272)日本化薬・・・・じり高継続。2012.5期も営業増益。野村が1100円目標。

東京電力の支援スキ−ムが与野党間で合意するかもしれない。時間があまりにかかりすぎだろう。決断と実行の速度が政治家、特に総理大臣の身体能力とすれば、それを鍛錬する場に身をおくべきだろう。少なくとも財務・外務・経済産業の主要閣僚のうちひとつは経験しておかないと素人の発想で国家の舵をとるアマチュア政治が横行することになりかねない。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑ ぴこっとしてやって下さい。

原子力損害賠償支援機構法案成立を先取りする

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の東京市場は、福島第1原発事故の賠償を実施するための原子力損害賠償支援機構法案の審議が加速し、成立に向けて期待感が高まっていることから、東京電力が6/9につけた安値148円以降の戻り高値で引けるなど一極集中の感はあるが中身の濃い相場展開となった。これまで政府当局者の無能ぶりに象徴される不用意な発言を引き金とした売り方優位の相場が完全に転換したといっていいのではないか。

原賠支援法案については、東京電力の責任に上限を設ける方向で与野党合意を形成する流れとなってきている。震災発生当時から繰り返し書いてきたが、東京電力も一被災者であることに対して政権担当者がこれまで一切触れてこなかったことの異常性に、ようやく時間経過とともに政治的落としどころをさぐる動きがでてきたことは、遅きに失したとはいえ、歓迎すべきことであろう。与謝野経担相の良識はあらためて評価に値するものといえる。

想定外で許されることは何ひとつない。無過失責任という責任が世の中に存する以上、東電は逃げ切れない。しかし原子力災害の原因は大震災で被災したことによるもので、それ以外の因果はない。

原子力事業者の免責事由とされる「異常に巨大な天災地変」に今回の東日本大震災が該当するのか、しないのか。実にシンプルな問いであるが、解は見えない。

東京電力は免責されてしかるべきなのか。一連の政府の対応を見る限り、腹をくくったと考えるにはまだ疑問符がつく。ひとつの政治決断をするとき、国民感情の反発を恐れその決断の先送りの理由とするなら、死に体以外の何者でもない。これまで東京電力に無限責任を負わせようとした「政府の無責任」という責任は誰が負うのだろうか。(dfb)
(9501)東京電力・・・・そろそろ売り方を許してやってもいいころか。
(6665)エルピ−ダ・・・要注目。

人気ブログランキングへ
↑ピコピコしてください。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報