兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

プラザ合意から四半世紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
週末の外国為替市場でドル−円で76円半まで円高が進んでいる。今から四半世紀前の1985年9月、為替に関する歴史的な合意がG5でなされた。世に言うプラザ合意である。1985年といえばPL学園が桑田・清原が甲子園で活躍し、阪神タイガ−スが21年ぶりに優勝した年である。そのとき多感な学生生活を送っていた小生にとっても当時の世情ははっきり記憶にとどまっている。当時はバブル前で景気は決して良くなかった。しかし商品が適正価格で流れデフレや無理な価格競争もなく、金融商品の金利も5%〜7%という時代であった。

プラザ合意のニュ−スを新聞記事を読んで、これは将来の教科書に載ってくるような歴史的合意なんだ、と妙な高揚感を感じた記憶がある。為替が1日20円変動したこともさることながら当時の円相場が235円だったことに隔世の感がある。

週末の76.70円前後という水準をどうみるか。プラザ合意から円の価値はドルベ−ルで3倍となった。(ここでは購買力平価についての議論をするつもりはない。)今更25年前の物差しで物事を計っても何の意味も無い。当時と世情が異なる点は為替が完全に金融商品の一つになってしまったことだ。いわゆる産業ベ−スの実需の為替取引で円相場が動いていない、あるいは相場の方向観に影響を与えていないことは誰の眼で見ても明らかである。

為替だけを扱って利益を得ようとするものが、物を作り、物を移動し、物を販売して利益を得ようとする者の交換価値を上下させるのである。この理不尽さは如何ともしがたいし、グロ−バル化のなかにあって、何を寝とぼけたこと言っているのかと指摘もまた分からないわけでもない。

プラザ合意以降、為替が経済力のある国とない国の価格競争力の均衡を図るために利用されてきたことは否定できない。しかし、今日の事態はこれとは完全に異なっている。今の円高は、通貨安競争の中でひとり生真面目な国の通貨が独歩高にも何の抵抗も無いことで、もてあそばれているかのようだ。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑今日の関東地方は涼しくてありがたいです。

4日間で40%調整した東京電力

このエントリーをはてなブックマークに追加
7/22のザラバ高値643円から本日ザラバ安値381円までじつに40%の調整をした東京電力。その間これだけ大きな値幅の調整を強いられる新たな悪材料がでてきたとは思えない。後講釈になるが、26日に原子力損害賠償支援機構法の修正案が衆議院特別委員会で可決されたことをきっかけに、その中身の文言一部に、東電が資金援助を機構に申し込む場合、「株主その他の利害関係者に対し、必要な協力を求めなければならない」という条項が加わったことが不安心理をかきたてたようだ。「必要な協力」とは何ぞやというところで、売り方が一気に巻き返したというのがほぼ正解に近いと思う。

「必要な協力」が減資なのか、無配継続なのか市場の想像力にまかせますということか。これだけ派手に短期間に居所を変え、かつ流動性に富んだ株式は無かった。そういう意味で株価が1000円まで戻さなくても、それ以上の投資成果を上げている投資家も多いことだろう。保有期間とリスクが正比例する投資対象であることを肝に銘じてあたらねばならない。

株価的にはまた振り出しにもどってしまった。しかしその分さらに魅力が増してきたとみる。4日間で40%下落するにはそれなりの理由があっていい。この間の下落は、平家が鳥の飛び立つ音を源氏の襲来と勘違いし怯えて逃げたようなものだ。

相場の下げ足は上げの数倍早い。上昇の速度が鈍れば即売り場と化す。上だけ見ていては儲けることはできない。(dfb)

(9501)東京電力・・・・・・500円回復にはそう時間はかからないだろう。
(4205)日本ゼオン・・・・この強さはまだまだ続く。
(6665)エルピ−ダ・・・・・もう一仕事の準備要。
人気ブログランキングへ
↑ピコピコしてください。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報