兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

米債務上限問題決着に見る民主主義の練度の差

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の東京市場は、米債務上限問題の決着が伝わると、円相場の戻しとともに幅広い銘柄に押し目買いが入り反発した。ここのところでしっかり値幅と取って戻るものと、小反発程度のものがはっきり明暗が見え面白い。いい感じで戻したものは、(4205)日本ゼオン+20(4272)日本化薬+23(9501)東京電力+22(6503)三菱電機+27(6506)安川電機+24といったところだ。

この反発が一時的なものなのか、明日になればわかるのだが、今晩為替が調整のあと再び騰勢を強めるようなら、日経平均での戻り高値更新は遠のいたことを印象づける展開も考えられる。

米国の債務上限問題はやはり落としどころで決着した感が強い。日本の政治家ならば下手な条件闘争の挙句「5年後に見直す」など条件・縛りをつけたり、租税特別措置法で逃げ切る姿が目に浮かぶ。骨抜き・先延ばしすることなく合意形成することは民主主義の練度の差といえよう。

国民に新たな負担を求めない政府と、復興増税に賛成が7割を数える国民をもつ国家。この2つの集団が同居する不自然さの維持装置はいかなるものなのか。わが国の真の構造問題の本質がここに見え隠れする。

構造改革とは政治システム改革、経済システム改革、行政システム改革といったミクロの改革では不完全なのである。構造とは何を指すのか。その定義がないまま構造改革などありえないのである。ポピュリズムに浸かりきる政治家と、リ−ダ−を求めない無関心集団が大勢を占める国民により支えられている構造こそ変革が求められているのである。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑最近がんばりが足りないと感じています。

今週の銘柄チェックリスト(8/1〜8/5)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今週、監視する主な銘柄は以下のとおり。今週も基本はデイトレ100、スイング0で行く。
週末NYは続落基調が継続し、8月2日に期限が迫る米債務上限引き上げの問題への警戒感がピ−クに達している。週初はNY安の影響と円高を嫌気して始まるのではないか。76.70円の為替も株価が暴落でもしない限り、当局は無策の傍観姿勢となるだろう。例年8月は甲子園が始まる頃になると閑散相場の陰の極といった感じの相場になる。ロスカットも機敏に行いたい。
物色先は東京電力株を中心に、為替の動向次第で輸出関連の売り気が強まるだろう。
(9501)東京電力・・・・・リップサ−ビスは全く期待できない。取り組みが甘くなると下げ圧力が一気に膨らむ。
(6665)エルピ−ダ・・・・・為替の先行き注視。売られすぎ。
(4205)日本ゼオン・・・・じり高継続。売りは怖い。

週末も豪雨災害が続く。これだけ甚大な被害が流されているのに政府当局の反応は鈍い。原発災害で政府の危機管理体制が機能不全を起こしている様だ。官邸には無力の王様が居座っている。声をあげないということは政府を信任しているのと同じことだ。市民階級が主となって時の政府を倒した経験の無い民族が生み出した光景がここにある。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑ ぴこっとしてやって下さい。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報