兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

NYダウの史上最高値更新で日本株は出遅れ鮮明に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


NY株式市場のダウ平均が8ヶ月ぶりに史上最高値を更新した。8ヶ月ぶりとのことだがこの8ヶ月間に株式市場に流れていた不安材料はすべて押しのけられた結果である。

やはり、世界の運用資金は米国の金融商品こそ最高の安全性と利回りを提供してくれることを再確認したことだろう。

「米中貿易戦争」などというフレ−ズはメディア記者の仕事にとって必要なだけで、当事国の投資家にとっては買い場を作る小道具にすぎないということらしい。

それにしてもNYダウの史上最高値更新で日本株は出遅れ鮮明に映る。日経平均23000円越えで、何かが回復したのか?誰も38000円の頂を語ろうとしないが、日本人は目標設定が到達可能なものばかりでつまらない。もし石破茂に「日経平均の最高値更新を目指す」とホラが吹けたら、世の中に一石を投じたことだろう。
(4565)そ−せい・・・連日のストップ安。行き過ぎも相場とはいえ、短期資金は息をひそめて狙っている。
(5302)日本カ−ボン・・・GSが目標株価を9000円に引き上げてきた。東海カ−ボンの再人気も追い風になる。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。

日米株高にスイッチオン

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


直近の株式市場は日経平均の抵抗線として機能してきた23000円どころの壁を突き破ってから上値追いスピ−ド感が出てきている。国内経済は磐石なものの、海外動向、とりわけ米中摩擦に振り回されてきたことが嘘のような上げっぷりだ。

東京市場が4日続伸、今朝のNYダウも堅調な終わり方でまさに日米株高にスイッチが入った状況だ。目先は東証1部の主力どころの水準訂正にお付き合いしながら個人投資家の活躍する新興市場に投資余力が回ってくる場面を想定したい

米国が(トランプが)ケンカを仕掛ける相手国の通貨安が鮮明だ。米国が負けるケンカはありえないというのが投資家の共通認識になりはじめており、このところの円安も人民元安に引きずられてるとの見方で良さそうだ。

NY株高、円安、ときて日本株が停滞する理由はない。なにやら個人消費を刺激するような数年ぶりの「買いで取れる相場」がはじまっている。
(6758)ソニ−・・・7日続伸で相場全体の修正高をリ−ドする。減益予想でも年初来高値更新中で、株高の象徴銘柄だ。
(1417)ミライト・・・出遅れセクタ−である電設株の見直し買いの動きが出はじめる。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報