兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

日本株にとっての救いは投資家が下げに慣れていること

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日1回のクリックにご協力ください。日々更新の糧になります・・・


週明けの東京市場はNYダウの大幅安が強烈な下げ圧力となってやってくることになる。すでに11月から異変を先取りするようなダウの大幅安が頻発している。

日本株にとっての救いは投資家が下げに慣れていることだろう。このところの地合い悪を味方につけて空売りのポジションを取って備えていた投資家にとっては今週も下げ相場が続くことは資産を増やすうれしい下げだ。

「突っ込み警戒感」「売り飽き気分の高まり」「閑散に売りなし」といった毎日下げる相場にはそれなりに売り一辺倒への警告じみた言い回しがされはじめるものだ。暴落を待ち望むのは資金力に自信のある買いの手であることを忘れてはいけない。

売りが売りを呼ぶ展開を予感させる日は小さな反発すらなく、じわじわとひたすら下げ幅を拡大していく下げ方のときである。そんなときは13時、14時と取引時間を残す時間帯は相場に近づかないことにしている。ギャンブルがしたくて自分を抑えられないときは14時58分〜大引けまでの間で仕込んで、その日の晩のダウに賭けるやり方は良くやる手である。成功率はといえば、ほとんど失敗だ。「あと1日待てば」となることが大半だ。

(4422)VALUENEX・・・・12日に決算予定。全般が落ち着けば再度戻りを試す候補銘柄。
(3998)すららネット・・・・11/13高値7980円にトライするチャ−トに見える。そこを超えればフシはない。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。

海外情勢に過剰反応はつづく

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


要人の不用意な一言が、せっかくの期待された効果・演出を台無しにすることが良くある。その好例がトランプが発した「私は関税マンだ」のつぶやきだったとしたら、彼のツイッタ−狂いのおかげでどれほどの富が簡単にこの世から消失したのかを理解させる手段はないものだろうか、と思わずにいられない。

日本時間未明からの海外金融マ−ケットはドタバタである。手遅れながら「せめて黙っていてくれれば」と遥か遠方の指導者を恨みたくなる朝である。

メディアがセンセ−ショナルに報道するファ−ウェイ問題は米中貿易戦争の支城戦と捉えられると、米国の対中政策の本気度がわかる。もはや小国北朝鮮に対する圧力のかけ方と同様の容赦ない姿勢である。

年内の日本株はソフトバンク株の推移に影響をうけそうだ。約2.5兆円を吸収したIPOが株価低迷で青田買いしたニュ−マネ−が滞留するようなことになれば、利益の乗っている銘柄の利益確保売りが一気に進むことも考えられる。ソフトバンク上場の19日までに今より深い谷底を確認する条件が増えている。
(6069)トレンダ−ズ・・・・・大和投信が比率を上げてきている。株価は4桁乗せから面白そうだ。
(6182)ロゼッタ・・・・・12月入り後の外部環境でも株価上伸は強いのひと言。押し目からの反転エネルギ−に期待。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報