兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

魔の「IPO銘柄の最初の決算」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


昨日のマザ−ズ市場で(7035)anfacがストップ高となっている。同社が15日に発表した決算内容を好感した買い物が終日絶えることはなかった。

IPO銘柄投資では最初の決算発表ほど投資家の恐怖指数がMAXになることはない。事前に開示される「成長可能性」といった立派な上場資料も、わずか3ヶ月、6ヶ月後には大ハズレというオチで笑って済まされるのが東証の審査だからだ。

だから個人投資家の多くは、株を枕に決算日をまたぐことを躊躇する。最初の決算で下方修正してくるIPO銘柄の犠牲者はセカンダリ−投資家全員だ。

私にも「IPO銘柄を業績期待で買うと痛い目に遭う」いうトラウマがある。(3976)シャノンのチャ−トをその戒めとして部屋の天井に貼っておきたいぐらいだ。

それゆえ、トラウマに反して最初の決算で有言実行できた会社にはサプライズ感がもりもり沸いてくる。そういう銘柄をもりもり買いたくなるからそれも悪い病気である。
(7035)anfac・・・・9/11につけた上場来高値から上は真空地帯だ。値幅稼ぎの資金を呼び込む。
(6027)弁護士ドットコム・・・・じわじわ上がり、じわじわ調整してきた。7月後半の調整シ−ンとそっくりだ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。

NYダウに下値不安の残尿感

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


日本時間の今朝取引を終えたNY市場が先週末の反発を継続できなかったことで、NYダウの下値不安に残尿感を感じる。現在の日本株がNYダウを見ているのか、円相場を気にしだしたのか、どちらかと言えば後者になりつつありそうだ。

これまでのNYダウは量的緩和終了から数度の利上げ局面を見事に消化しながらの高値更新となってきたのはトランプ減税によるところが大きい。いまでもヒラリ−大統領だったら現在のNYダウはなかったと思う。

周囲を敵に囲まれることを好む性格が災いし、関税合戦で世界経済を不安に陥れる結果として金融市場に緊張を与えている。

その大成功と大失策の2枚の答案の総合点の通信簿がNYダウなのだろう。現在、日本株にはリバウンド狙いの買いを呼ぶほど相場に体力は無い。目先は値動きのいいものだけが狙われる。個人投資家にとっては腕の見せ所とも言える。
(4397)チ−ムスピリット・・・この暴落は天与の買い場とした。業績がIPO銘柄としては合格点。追撃買いでよい。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報