兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

1、2年後の世の中を心配しては中長期投資など出来ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は日経平均が大幅反落し459.18円安で取り引きを終えた。朝方からNYダウの大幅安を嫌気した売り物が継続し、21200円どこに到達した前場9時半以降は凍結保存されたような凍てつくそうばであった。

足元の好業績をもてはやされ上値を突き抜けてきた人気株が割高に買われることなく「いずれは業績が頭打ちになる」といった不明な先読みで急落し、チャ−トは崩れ、需給は急転悪化してボロボロになることはこれまで何回も見てきた。

中国の鉄鋼増産を反映して日本企業がシェアを握る黒鉛電極市況が高騰し、その製造メ−カ−の株価がうなぎ上りの大相場を演じてきたのがここ1年だ。代表銘柄では昭和電工や東海カ−ボンがそれにあたるが株価は電極市況の数年先を読んで動いているつもりらしい。

両銘柄ともここ2年間の業績拡大は凄まじい。作れば売れる状況にいまだ変化は無いが、やれ「価格は伸び悩みか」「貿易戦争で鉄鋼需要に変調か」とか悲観論を全面に売り崩されている。

業績絶好調の現在時点から、業績悪化を先読みして株価を押し下げようとする力が働くのも株式市場の一面だ。しかし良く考えて見れば、1、2年後の世の中を心配しては中長期投資など出来ない。長期投資などという発想が絵空事になってしまうようでは不健全なマ−ケットと思えてくる。
(5301)東海カ−ボン・・・・値頃感十分。傷ついたチャ−トの修復から再上昇に期待。
(4004)昭和電工・・・・売り筋の買戻しは谷深ければ山高し。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。

日本株にとっての救いは投資家が下げに慣れていること

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日1回のクリックにご協力ください。日々更新の糧になります・・・


週明けの東京市場はNYダウの大幅安が強烈な下げ圧力となってやってくることになる。すでに11月から異変を先取りするようなダウの大幅安が頻発している。

日本株にとっての救いは投資家が下げに慣れていることだろう。このところの地合い悪を味方につけて空売りのポジションを取って備えていた投資家にとっては今週も下げ相場が続くことは資産を増やすうれしい下げだ。

「突っ込み警戒感」「売り飽き気分の高まり」「閑散に売りなし」といった毎日下げる相場にはそれなりに売り一辺倒への警告じみた言い回しがされはじめるものだ。暴落を待ち望むのは資金力に自信のある買いの手であることを忘れてはいけない。

売りが売りを呼ぶ展開を予感させる日は小さな反発すらなく、じわじわとひたすら下げ幅を拡大していく下げ方のときである。そんなときは13時、14時と取引時間を残す時間帯は相場に近づかないことにしている。ギャンブルがしたくて自分を抑えられないときは14時58分〜大引けまでの間で仕込んで、その日の晩のダウに賭けるやり方は良くやる手である。成功率はといえば、ほとんど失敗だ。「あと1日待てば」となることが大半だ。

(4422)VALUENEX・・・・12日に決算予定。全般が落ち着けば再度戻りを試す候補銘柄。
(3998)すららネット・・・・11/13高値7980円にトライするチャ−トに見える。そこを超えればフシはない。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報